Learn The Alexander Technique in Kagoshima

鹿児島でアレクサンダー・テクニークを学ぶ

AIが世界を席巻するとき…来るべき定年後の世界

僕の足を引っ張らない社会を作る――ホリエモンが演劇をアップデートする理由http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1812/15/news014.html#utm_term=share_sp

 

AIの時代が暇な定年後をつくる…そんな余暇を埋めるにはなにをすればいいかを、ホリエモンは模索しているようです。

ひとが自分が生きてる実感を得るのは、カラダを通して“外界と交流”したときだけです。いくらAIやVRが発達しても、自分の感覚の代わりにはなりません。自分の喉を通るから、夏のビールは美味しいんです。どうしたってバーチャルはパチモンでしかありません。

そこでホリエモンは、カラダを使う“演劇”に目をつけたんですね。(いつもながら目のつけどころが鋭いな)

 


さてAlexander Techniqueは、まさに“外界との交流”で意識とカラダをつないで、自分で自分を見つけていけるワークです。おまけに膨大な時間を消費します。

しかしアレクサンダーの教師はこのワークを、わかりにくいし時間がかかるから大勢に広がらない!と諦めています。

なんでやねん!わたしは逆に、これからの時代にこそ求められると考えたいのです。

だってAIがひとの仕事を担うようになったら、暇な定年後を真剣に生きるには、もう「自分探し」しかないんじゃないかと思うんです。

Alexander Techniqueはチャラっとやれちゃうワークじゃないから存分に暇をつぶせて、おまけに健康なココロとカラダが手にはいるんですよ。

それに生活全般からスポーツ芸術活動や精神世界にいたるまで、すべての分野でパフォーマンスをあげられる凡庸性の高さは、ほかのどんなワークにもない特性です。

いつかきっと人びとが爆発的に求めるようになる!

…ってのは、まだ先生にはないしょの話し🤫

F.M.アレクサンダーの問いかけ

世間では右脳を直感的に左脳を理論的にそれぞれ役割を担うと言われているが、わたしにはひとの思考や行動を単純に右脳と左脳に振り分ける考え方には多少違和感がある。

しかしこれにはどうやら医学的には血液型による性格診断や心理的傾向のように、科学的な根拠やエビデンスはないようだ。

もしかしたらこうした紋切り型の結果に自分をすり合わせるのは、ある種の連帯感や帰属感を得て安心したいからなのかもしれない。

 


そういうのはさておき、先日の授業で閃いた気づきは、ひとはカラダの左右には言及するが、自分の前後と上下については、普段はまったく無頓着だということだ。

確かにカラダは左右対称に同じ器官が多くあるから、それはあたりまえでなんでもない。二足歩行なんて、左右の足を交互に協調させた運動機能だ。

 


F.M.アレクサンダーが自身のカラダを検証し、たどり着いたのは、

①クビとアタマを自由にさせる。

②アタマは前へ上へ。

③セナカは長く広く…だけだ。左右について、彼は触れていない。

この3つの一連の内的衝動(だとわたしは捉える)が、唯一にして無二のAlexander Techniqueの技法のすべてと言える。

これらは、とてもわかりにくい。いまだに世界中の教師と生徒を惑わせている。

 


一般的にF.M.アレクサンダー自身が示した技法の要を、曖昧にしか表記していないと考えられるだろう。あるいはこの順序で(!)アプローチすればよいのだろうとか…。

 


しかしおよそ1000時間の授業を経て考えるのは、F.M.アレクサンダーが生徒にしてほしかったのは、①のクビとアタマを自由にさせる…だけだったのでは?ということだ。

では②と③はなんなのだろうか。

 


これらのF.M.アレクサンダーの曖昧な表現には、彼自身が仕掛けたトリッキーな罠がある。

それは罠というより、明確であからさまな意識状態では、カラダにあるべき感覚知や起きるべき内的運動の密やかさを殺してしまうとわかっていたからだ。

 


だからF.M.アレクサンダーは表現から明確さを割り引いてわざと曖昧にし、読む者に謎を投げかけた。それは後世この技法に取り組む者へ彼が仕掛けた、最高のセキュリティーで救済なのだ。

 


Alexander Technique はわかりにくいと言われるが、それは少し違うと思う。わかりにくいのは、取り組もうとする者がわかりにくくしている。

Alexander Techniqueを正しさの定義にしようとしても、正しさってそもそもどこにもないという答えだけが正しい。

いまもF.M.アレクサンダーが問いかけるのは

「君は、みえてる?きこえてる?かんじてる?」だけだろう。

 

f:id:k-alextech:20181213110815j:image

気づかないで やっていること

 

    f:id:k-alextech:20180913114655j:image     f:id:k-alextech:20180913114657j:image

 

残念ながらカラダは解剖図通りのポジションにはなっていなくて、じつは複合的に押し下げる方向で、どうにか全体のバランスを保っている“脆い”存在です。

 

理想的には首の骨の一番うえに頭蓋骨がふんわり乗っていてほしいのだけれど、①額は後ろへ後頭部は首の前へずり落ちています。

 

その影響で②首は喉へ押しやられて全体が“たわみ”、首の一番高い骨は顎へずれ込んで、鎖骨と肋骨は前へずり落ちます。

とにかく前がどんどん落ちていきますから、バランスをとるのに、後ろの背骨が押し上がってきてもっこり盛り上がってしまいます。

年配の方の首の根元がコブのようになってるのですけれど、ヨーロッパでは“未亡人のこぶ”とかいうそうです。

 

①と②の関係性から、腕のつけ根は前へ押しやられ、肩と脇を狭めた腕は縮んで引き上がって固まり、四十肩や五十肩といった状況へつながります。

 

これらのことは大人も子ども関係なく、すべてのカラダで起きやすく、気づかないものです。

 


ヴァイオリンのレッスンで、右の図の関係性を実感している小学高学年女子に「ひとつ矢印を選んで、反対の方向へいくと思ってみたら…」と投げかけたら、首が起き上がって肋骨が膨らんで持ち上がり、胸がオープンになって腕が自由になりました!

 

彼女は首を動かしたわけでも、肋骨を膨らませたわけでもありません。

 

カラダがもともと持っていたポジティブな方向性に、彼女の意識がシフトして関係性が変わっただけなんです♬

2018年8月 鹿児島スクールのお知らせ

🌻2018年8月のお知らせ🌻

日本アレクサンダーテクニーク研究会 鹿児島スクールでは

月一回のグループワークと個人レッスンを行っています

 

🍉グループワーク 

 8月は4日(土)

 13時から15時までの2時間で

 講師は研究会代表の谷村英司が務めます

  (要予約)

  

🍉谷村英司の個人レッスン  

 グループワーク終了後

 4日(土)と翌5日(日)の

 15時から

 約30分ずつのレッスンです(要予約)

 

◇参加費◇

 グループワークと個人レッスンともに

 それぞれ6,000円(税込)

 両方を受けられる場合は

 11,000円(税込)になります

 

◇ご予約とお問い合わせ◇

 お問い合わせの内容と

 お名前・携帯電話番号・メールアドレスを

 お書き添えの上 

 huk504alc@yahoo.co.jpまで

 ご連絡ください

 

 鹿児島校代表 井上が対応いたします

◆なお上記以外にも 

 個人レッスンが受けられます(要予約)

 

 こちらは中白順子講師・井上和代講師が

 レッスンを担当します

 

 レッスン料は6,000円(税込)です

 

 アレクサンダーテクニークが初めての方も

 どうぞ お気軽にご参加ください

 お待ちしております

鹿児島市西田2丁目27−7 A-ONEビル301

  (鹿児島中央駅西口から徒歩3分)

2018年 7月のお知らせ

⭐️2018年7月のお知らせ⭐️

日本アレクサンダーテクニーク研究会 鹿児島スクールでは
月一回のグループワークと個人レッスンを行っています
 
🌠グループワーク
 7月は7日(土)
 13時から15時までの2時間で
 講師は研究会代表の谷村英司が務めます
  (要予約)
  
🌠谷村英司の個人レッスン  
 グループワーク終了後
 7日(土)と翌8日(日)の
 15時から
 約30分ずつのレッスンです(要予約)
 
◇参加費◇
 グループワークと個人レッスンともに
 それぞれ6,000円(税込)
 両方を受けられる場合は
 11,000円(税込)になります
 
◇ご予約とお問い合わせ◇
 お問い合わせの内容と
 お名前・携帯電話番号・メールアドレスを
 お書き添えの上
 huk504alc@yahoo.co.jpまで
 ご連絡ください
 
 鹿児島校代表 井上が対応いたします
◆なお上記以外にも
 個人レッスンが受けられます(要予約)
 
 こちらは中白順子講師・井上和代講師が
 レッスンを担当します
 
 レッスン料は6,000円(税込)です
 
 アレクサンダーテクニークが初めての方も
 どうぞ お気軽にご参加ください
 お待ちしております
鹿児島市西田2丁目27−7 A-ONEビル301
  (鹿児島中央駅西口から徒歩3分)